フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

詩心の芽生え。

詩をいつの頃から書き始めたのか、一番最初に書いた詩は、どんな詩だったのか…。手元に残ってないのが残念ですが、詩心が芽生えたのは、小学校三年生の頃でした。

» 続きを読む

2014年2月 5日 (水)

八雲琴に魅せられて・・・。

P1000818_300x225

お琴の音色は、心に響く。しかも、普通の琴ではなく、八雲琴(やくもこと)という二弦の古代ゆかしい神前和楽器だ。それが、聴きたくて、茶道の師匠の案内で明日香の里を訪ねたのは、もうかれこれ、八年前のことだった。




そのお宅は、奈良の石舞台が見下ろせる小高い丘の上にあり、ご主人は陶芸家で、夫人が、この八雲琴を演奏する文化を受け継ぐことになった脇田初枝さんだった。

  

 

 

脇田さんが継承されている八雲琴のことは、このサイトに詳しく掲載されていたので、ご興味ある方は、ご参照までに。http://www.epochtimes.jp/jp/2013/03/html/d52227.html

 

※ 【八雲琴】

二弦琴の一種。長さ約1メートル、幅約12センチの木製の胴の上に、2本の弦を張った琴。左手中指にはめた管で弦の勘所を押さえ、右手食指にはめた爪で弾く。文政3年(1820)に伊予の中山琴主が創始したものという。出雲琴。

 

私 は、その音色と共に、八雲琴の姿形の美しさにも見惚れながらも、初枝さんの奏でる琴の音色と、和歌というべき、古文を紐解いた石斛尾伝承の歌詞に魅了され た。身体中がぞくぞくしたという感じがふさわしい。それも、すっかり忘れていたというのに、ふと、夜中に、調べ物をしていて、この歌詞を写し取った日の原 稿が現れた。

 

(つきはな) 長寿(のぶるいのち)  月の眺め  

という歌の調べにのった大和言葉があまりにも美しかったので、お願いしてその歌詞をその場で写し書きさせて頂いた。それが、これから、ご紹介する歌詞です。

 

 

 

 

» 続きを読む

2013年10月18日 (金)

詩心は、恋心に似て。

長月の9月は、長月瞑として私の本来の詩心が、燃える(萌える)時期なのですが、ことしは、大きなイベント【アロマdeライフスタイルart展】http://mycreateur.exblog.jp/20837299/ を控えていたので、そちらの方に、神経を集中してしまい、詩心を封印してました。というのは、言い訳ですが(笑)、自分の中での心の変化を受け止めるにはキャパが大き過ぎる出来事をずっと抱えたまま現在に至っているというのが正直な気持ちでしょうか。それで、この夏から8月9月は何もこの詩のブログにも綴れず終いで完。

それでも、日常の雑多な中に、詩心の源になる素材は、いつも見え隠れしてまして、ときどき、そちらにアンテナが傾きかけて困りました(笑)が、なんとか、アロマを始めて10年目の秋に、自分なりの集大成の作品展が開けたので、ほっとしています。(現在10月半ばに筆記)

» 続きを読む

2013年7月31日 (水)

花が語りかけてくるような、寄り添う本。

Dsc_0636_400x225

触れたくなるような花の写真と、それに寄り添う詩が微笑ましい本『ここは花の島』が、一昨日、福島県の写真家・野口勝宏さんから送られて来ました。この本は、もともと、野口さん等が3.11で原発事故のために、福島の子どもたちが除染で地面が削られ、春の芽吹きにも触れらなかったことを嘆き哀しみ、福島が“美しい花の島”であることを伝えるために、facebookのページ「福島の花(写真家:野口勝宏)」https://www.facebook.com/FukushimaFlower に、毎日紹介していた写真と詩が反響を呼び、一冊の本に生まれ変わりました。

   

Dsc_0630_400x225

その本に関わった写真家と花作家と詩人のお三方のサインを添えて、私のうちまで、遥々やって来た可愛い『ここは花の島』なのです。

  

 

 

その中のページのひとつをご紹介すると

 

Dsc_0632_400x225

どんな色がすきですか?

 

と 訊かれて

 

咄嗟にあなたが着ていた

 

ワンピースの色を答えた

 

 

※フヨウの花の写真に添えられた詩です。

» 続きを読む

2013年6月21日 (金)

一青窈さんの初めての詩集が、うちに届く。

Dsc_0461_225x400

だれも最初から、プロじゃない。みんな素人。でも、いつかからか、プロになる。その扉を開けるか、どうかは、その人しだい。歌手として活躍の一青窈さん。この度、詩人として、扉を開いた。その一冊の詩集を、私は、運よく手にすることができた。

五月のある日、ツイッターで、その詩集が世にでることを知って、どうしても欲しくなった。いつか、私も、詩集を出したいと願って、ここまで生きて来た。だからかもしれないけれど、新しい詩人のデビューをこの目で確かめたい欲望に駆られた。いえ、もともと、歌手としての一青窈さんは、歌の歌詞を紡ぎだす、シンガーソングライターで、詩心は、長けている。

既に、プロである。その歌詞に描かれている詩の世界観が、私は好きだった。彼女の紡ぎだす言葉のフレーズに、響くものがある。それで、なおさら、まっさらなキモチで、処女作ともいうべき、この詩集を求めた。

» 続きを読む

2013年5月 2日 (木)

詩の世界への憧れ。

私に、詩心が芽生えた経緯は、このブログの扉でも綴っていますが、人生観のひとつの形として、究極、自分が成し遂げたいことは、一冊の詩集を出すことです。

この想いは、若い頃からありました。20代で出していたら、きっと私は結婚をしてなかったと想います。詩人としてのデビューが果たせたなら、それは、普通の暮らしを遠ざける日常でなければ成立しない気がしてました。

20代にコピーライターという職業に就いた時点でも、同じ想いを抱いてました。こういうヤクザな稼業を続けることは、普通のシアワセを望んではイケナイ気がしていたのも事実です。

» 続きを読む

2013年3月31日 (日)

本選びが、文との扉でした。

仕事柄か、よく、「根っから、文章を書くのが、好きなのでしょうね…」と、言われたりします。そうですね~と、答えつつも、少し違うような(笑)でも、こういうことを訊いてくる人には、話しても無駄な気もして、あっさり頷くことも多々あるのですが、それだけじゃないんだけどなという想いは、いつも含んでいます。

また、ある人には、「文章の書きだしは、どういう風にして書きだすのですか?」と、いうちょっとムツカシイ質問を受けることもありました。天から言葉が降ってくるのを待つ!と言えば、台詞めいてカッコいい?!かもしれませんが、どうもそんな大層なことでもなく、ただなんとなくつらつらと書いてしまうことが多いです。

昔は、原稿用紙に鉛筆(なぜかトンボの2B)でしたが、いまは、こうして、ブログを綴るのも、PCのキーボードを打つので、違う脳の働きをしているのかもしれません。今日は、こんな風に、しょうもないことを文章にしながら、自分というものを見つめてみたいと想います。

» 続きを読む

2013年2月28日 (木)

短い歌なのに、こころ動かす 力が潜む。

Dsc_1357_300x169

私が、暮れになると、迎春用の生花を買いに求める贔屓のお花屋さん(フローリット・kamuriフラワースクール)で、毎年頂くflower calendar には、毎月の素敵なお花のアレンジにあわせるかの如く、心に響く、俵万智さんの短歌が掲載されています。このカレンダー欲しさに、暮れにお花を買うほど、気に入っているカレンダーです。

 

先月末、私は、愛犬skylla(スキュラ)を亡くして、深い哀しみの1ヶ月を過ごしました。介護ケアに明け暮れた昨年秋からの4ヶ月は、過ぎてしまえば、せんないこと。あっと言う間でした。でも最後の一週間に、忘れられない体験をしました。床擦れによる左腰骨周辺の患部がただれ、毛も抜け皮膚がこすられ、骨が見えるほど痛々しい所がありました。そのケアをしていた時、愛犬特有の匂いに混じり、患部の治療中の酸っぱい臭いが鼻をつくほど臭気を帯びて漂いました。

 

その臭いが、亡くなった後も、ふっと甦るのです。これには、参りました。涙があふれて、零れ落ち、匂いが消えてくれるまで、待つしかない状態に陥ります。同じ家族とはいえ、夫も子どもたちも、その臭いを体験していないので、誰にもわかりえない私と愛犬との闘病の臭いです。そう、アロマの馨しい匂いではなく、患部がただれた腐敗していくような臭いです。

 

そうこうしている時、このブログとは別に、愛犬との日々を映像化したデジブックをネットで編集して沢山の方に見て頂いたのですが、そのコメントに、昨日、ある方から心癒す短歌を紹介してくれてました。それを詠んだ歌人こそ、私が大好きで毎年集めていたあのカレンダーの俵万智さんの短歌でした。日々を忙しなく暮らしている時、トイレの壁に掲げているこの短歌を口でなぞるだけで、心が浄化されていくこと、すっかり最近忘れていました。

 

いのちとは こころが感じるものだから
                 いつでも会える あなたに会える

     skylla、いつでも、会えるね。skyブルーの空に、君はいるのだから。

つらい別れ、亡くなった人や、ペットとは、もう逢えないのではなく、心にいつも宿るものだということ。そうなんですね。これは、2012年12月のカレンダーに掲載されていた短歌です。想い出してみて、これまでのモノをコレクションしていたことに気づき、この詩のブログでも、みなさまに紹介したくなったので、ここに2009年~2013年までのお気に入りを少しご披露致します。

» 続きを読む

2013年1月27日 (日)

牡牛座のオードリー・ヘプバーンが、愛した詩。

Dsc_1122_239x300_2

昨日、星座占いの本を購入しました。今まで、雑誌では何冊か買った事はありましたが、単行本で、しかも12星座すべてのことが載ったものを求めたのは今回が初めてです。この「12星座」の著者は、ツイッターでもフォローしている石井ゆかりさん。http://12seiza.jp/top.html これを買うために本屋に立ち寄ったのではなく、ふと、手にした本でした。でも私の潜在意識の中には、ことし、アロマの作品展に12星座の関連性も加味したコラボを考案している最中でしたので、本に呼ばれた気がしてなりません。それもそのはず、この本の帯のキャッチが優れています。“生まれ持った性質(しくみ)の、深いところまでわかる「読む」星占い。何度も何度も立ち返りたくなる「読む」お守り。”http://www.amazon.co.jp/dp/4872903285/

そこで、まず、自分の星座「♉牡牛座」の章を読み解いていくうちに、あ!と、コレだわと想い出した詩のフレーズに出逢いました。【時の試練を経た人生の知恵】これぞ、あのオードリー・ヘプバーンが、亡くなる年のXmas eveに、二人の息子、ショーンとルカに読み聞かせたという詩でした。その詩の素晴らしさもですが、オードリーが牡牛座ゆえのこの感覚の星座ともういうべき、美の女神が微笑んだような展開にも興味がそそられました。そしてなにより、人間が持つふたつの手が、どういう役割であるかを悟ったなら、人は人として最も美しく輝きだすのかもしれませんね。

» 続きを読む

2012年12月30日 (日)

年代を越えて、プリプリの歌は母と娘の心に響く♪

Image_2

暮れになり、東京に住む娘が我が家に帰省してます。そうです。お正月を実家で過ごすためですが、たまたま録画していた情熱大陸の復活プリプリの番組を一緒に観ながら、遠い日の想い出話しに母娘で浸ってしまい、「そうだ!カラオケで歌いに行こう!」っと意見が一致(笑)し、30日の気忙しい夕方から、家族でカラオケに繰り出しました。

娘が幼い時、大好きな歌がプリンセスプリンセスhttp://www.princess2.net/index.htmlダイヤモンド♪でした。切っ掛けは、彼女が小学一年生の時、習っていたピアノ(エレクトーン)のレッスン曲の課題曲がその楽曲でした。その時、確かプリプリの歌が入っているカセットテープを買ってあげて、毎日のように聴いていた気がします。しかも、そのカセットは、ほんまのプリプリではなく安価で買ったので違う歌手が歌っていたバージョン(笑)でしたが、幼い娘の中には、その歌詞がどんな意味かもしらないまま、そのメロディラインに酔いしれていったようで、飛び跳ねるようにその歌を可愛く歌いながらエレクトーンを弾いてのめり込んでました。

» 続きを読む

2012年11月26日 (月)

心に宿る、名台詞の詩 「五月の歌」。

今月10日に、女優、森光子さんが天に召された。その少し前は、俳優・大滝秀治さんも、逝った。次々と、名優が亡くなるニュースを知ると同時に、その方たちの生きていた舞台やテレビや映画の追悼番組を目にする機会が増える。いかにも、その生きざまに、改めて感銘を受けるおふたりだった。

特に今回は、森光子さんのことに注目して、この詩のブログに綴ろうと想う。テレビは、ホームムドラマの黄金期、「時間ですよ!」の銭湯の女将さん役がひときわ異彩をはなっていた。舞台では、2000回以上も半世紀上演した「放浪記」を抜きには語れないほど、最後の方は、死にもの狂いで、病や老いに萎えた身体に鞭打つかのように舞台に挑んだ様子が痛々しい。

爆発的な人気をはくしたあの銭湯の女将さん役ではなく、ここでは、遠い昔、白黒時代のテレビで、私が幼い頃、家族で楽しみにみていた森光子さんのテレビドラマ“こんちは!パンツ屋です!”と、母子家庭でパンツの行商をする「天国の父ちゃんこんにちは!」の番組から、亡くなった夫がプロポーズで森光子演じる妻に詠んだ詩。今も記憶している名台詞の詩<五月の歌>を言霊の序曲としてご紹介したい。


» 続きを読む

«ハローウィーンは、我が家のMemory♪

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック