フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 人は一人では、輝けない。 | トップページ | 紫式部にも、観せたく候なれど… »

2009年9月26日 (土)

言葉は、プレゼントです。

自分の口から出た言葉は、どんな言葉でも、全て、受け取る相手に対しての贈物です。だから、大切に扱ってください。このメッセージは、私が大切にしているある声優さんから教えて頂いたお話しです。

その方は、みなさんよくご存知の長寿アニメ番組『サザエさん』のマスオさん役の増岡弘さん。 ご縁があって、マスオさんとはもう13年ほど前に知り合い、我が家にも来て頂き、今も仲良くおつきあいをさせて頂いています。時々、私が悩んだり落ち込んでいたら、あのマスオさんの声で、やさしく受話器越しに、あのね、じゃ・・・糸電話にしようか・・・と話しかけてくださいます。

ほんとうに、口から吐く言葉は、綺麗でも、汚くても、相手側からしたら全て受け取らないといけない代物です。だから、できれば、優しい言葉かけがどれほど大事かは誰もがわかるはずなのですがね。人間は生もの。生きてますから、理性よりも感情で喋ってしまいがち。

喋ってしまったら、言葉は、どんどんその威力を増して大きく膨らみ、人の心に入るそうです。それが、「今日の髪型、素敵だね」と、好きな人から言われたら、別れてからもずっと一日中その娘は、彼が言ったことばを何度も何度も、繰り返して心に刻みます。歌詞ならばサビの部分ですよね。何度もリフレインして、イーキモチになれる。そんな効果が言葉にはあるのです。

それが、もしも、汚く、罵られたら、どうでしょうか。その場で捨てたいけれど、そんな言葉は受け取りたくなく、消し去りたいけど、人は弱いから、その汚い言葉も受け取ってしまいます。それが、ココロの中で、どんどん膨らんで、嫌な言葉が、ココロを占領して、爆発寸前になる!こんな経験は、みなさんも、ないでしょうか?悲しいけれど、誰もが一度や二度、いえ何度もそんな言葉をプレゼントされていたら、ココロの風船が破裂してしぼんでしまいますよね。

ですから、今日からでも遅くないから、あなたの口から出る言葉に、ほんの少しソフトな余韻を残して話しかけてみてください。私も、詩を書く人間として、言葉が生物であることを大切に、言葉に、魂が入るならば、後光がさすような、オーラが出るような、芳しく匂い立つような、もう一度、何度も何度も繰り反して聴いてみたくなるような、そんな言葉をあなたの心に届けたいと切に、願っています。言葉は、目にはみえませんが、生物です。誰の心に棲みつくか…出来るならば愛しい恋人がいつも傍にいるような、そんな言葉をプレゼントしてみたいものですね。

« 人は一人では、輝けない。 | トップページ | 紫式部にも、観せたく候なれど… »

メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/31523910

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉は、プレゼントです。:

« 人は一人では、輝けない。 | トップページ | 紫式部にも、観せたく候なれど… »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック