フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 巻紙に芳しい薫りを添えて。 | トップページ | 能登演劇堂で観たマクベスは圧巻! »

2009年10月16日 (金)

月夜の詩人…その人の名は。

『月夜の詩人、吉川行雄』。このブログを読んでおられる中で、この詩人の存在を知る人は、果たして何人おられるでしょうか?

月夜の詩人 吉川行雄

買ったきっかけ:
購入はまだ。図書館で偶然見つけました。

感想:
金子みすゞを世に出した矢崎節夫氏の著書でしたので、夭折の童謡詩人が再び甦る気がしました。

おすすめポイント:
ブログに綴りましたので、ご覧ください。

月夜の詩人 吉川行雄

著者:矢崎 節夫


月夜の詩人 吉川行雄

この本は、先日図書館の詩の本棚でみつけた2007年8月3日初版(株式会社てらいんく発行)です。が、実は、吉川行雄は、もうとっくに星になっておられる詩人です。

この著者は、矢崎節夫氏。そう、あの夭折の童謡詩人、金子みすゞをこの世に甦らせたことでも有名な作家です。私は、金子みすゞの詩に出逢ったのも、この矢崎氏の本をたまたま読んだことから。一躍、みすゞ旋風が吹いたブームとなる数年前でした。

ですから、今回も偶然に、この矢崎氏の著書で、30歳にしてこの世を去った同じく童謡詩人の存在を知り、身震いがしたほど。嬉しくもあり、怖くもありました。まだ、全文を読破してないので、読み進める途中でのご紹介となりますことを、先にお許し頂き、ご興味持たれた方は、ぜひ、この著書をあなたも紐解いてみてくださいませ。

吉川行雄は、明治40年山梨県生まれ。11歳にして童謡を書き始めるが、14歳の時、ポリオが原因で歩行困難となり、昼は稼業の書店と活版所の事務を一手に引き受け、夜は読書と創作に勤しむ。16歳で西条八十選で童謡3編1等に入選。以降、活躍目覚しく、20歳で第一童謡詩集『郭公啼くころ』出版。21歳に書いた詩で、北原白秋に“清新な香気がある”と評される。22歳で第二童謡詩集『月の夜の木の芽だち』を出版。時代が戦争へと向かう中、29歳で新たな雑誌『ロビン』第一冊を発行し、作品はより透明感を増し、一層美しいものとなり、“貴下の童謡遍旅に幸多かれ”と、まどみちおに励まされる。この年の後半から体調を崩す。昭和12年5月9日家族に見守られながらこの世を去る。享年30歳。「僕達は何故、童謡を作るのだろうか?」と詩人仲間であり友人の周郷博氏が彼に問うたという。彼曰く、「それは小さなものへの愛だと思う」と答えた。

ここで、私が彼の詩に、どう感動したかは、触れないでおきます。その代わりに、彼の1編の詩を紹介して月夜の詩人と、平成の秋の夜長を、さしつさされつ、一献傾ける宵にしとうございます。彼が亡くなったのは5月9日。私が生まれたのはその翌日の5月10日。時代は違えども、詩を愛する心は、交わるモノがあると信じます。ね、行雄さん。

                  五月の月

       月はぬくとい、
       羽毛(はね)よ、
       もっこりと、ふくれてるんだ。
            飛ばすのよ、
            飛ばすのよ、
            夜は白う こまかい羽虫を。

       月は明るい、
       牡丹よ、
       ほうやりと、匂ひ出すんだ。
            こぼすのよ、
            こぼすのよ、
            夜の蛾の むせつぽい光りを。

      月はすゞしい、
      子供よ、
      お祭のよに、笑つちゃふんだ。
            鳴らすのよ、
            鳴らすのよ、
            夜はほら、虹となる、七色のハープを。
  

« 巻紙に芳しい薫りを添えて。 | トップページ | 能登演劇堂で観たマクベスは圧巻! »

好きな詩人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/31802113

この記事へのトラックバック一覧です: 月夜の詩人…その人の名は。:

« 巻紙に芳しい薫りを添えて。 | トップページ | 能登演劇堂で観たマクベスは圧巻! »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック