フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 能登演劇堂で観たマクベスは圧巻! | トップページ | この 夜の脣(くちびる)って、詩。 キモチ Eィ~♪ »

2009年11月10日 (火)

金子みすゞに逢いに…再び、奈良へ。

“みんなちがって、みんないい”。 この言葉で、もうおわかりの方は、さすが…です。私が夭折の童謡詩人・金子みすゞの詩を知ったのは、もう15年程前になります。

その想い出話は、また、後で語るとして…。先月末10月31日、私が奈良の當麻文化会館に車を走らせたのは、そこで、『金子みすゞ・こころの宇宙へ~もっと咲かそう みすゞコスモス~』という、講演会にお招き200911091324000 を受けたからです。この会は、「奈良みすゞの和」の主催で、今回は、同会発足20周年記念講演会でした。実はその3年前にも、来たことがあるイベントでしたから、行くまでの道程もハンドルを持つ手に感じる秋の気配も、田園風景のコスモス畑も懐かしく、心逸るものがありました。

この会のことを知ったのは、奈良に住む私の茶道師匠関係で、会のスタッフとして参加している律子さんを加藤先生に紹介してもらったおかげ。私が大のみすゞファンであったため、知り合えた方でした。彼女の配慮でとても奇遇なご縁を得たのです。この会を主催される植本ご夫妻は、奈良の當麻寺近くの参道で民芸店『和』を経営されておいでです。その店に、20年前に、ふらっと立ち寄られた方が、この世に、金子みすゞを甦らせてくださった児童文学作家・矢崎節夫氏。(金子みすゞ記念館の初代館長)。その方の名は、私の心には、手を合わせたくなるような響きを持っています。なぜなら、矢崎さんの情熱がなければ、みすゞの詩(全集)は、陽の目をみることなく、私も出逢うことができなかったからです。http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/misuzu/index.html

私の心に、大きな宝石を宿してくれた金子みすゞの詩集。まだ巷では、それほど知られてなく、たまたま手にした本から、私が惚れ込み、当時、小学低学年だった我が子に、毎晩のように、読み聞かせしたほどでした。私が39歳の秋。そうです。その頃、出逢ったある絵描きの方の作品展を開催することになり、私が初めて、長月瞑の名でその方に詩を書いた頃と重なります。詩を書くことは、20代で封印していたはずが、30代最後の年に、また私の心に詩心を芽生えさせてくれたのが、このみすゞさんの詩集でした。

話をまた、この講演会に戻しますね。当日、まさか講演が済んでから、会場を出た所で、憧れの矢崎先生ご一行様と出逢うなんて、ラッキーなことがあるなんて。いつもの好奇心が弾みをつけてくれ、初めて矢崎先生とお話しができて、記念写真撮影も皆さんとご一緒におさまる幸運にも恵まれました。ちょうど、このブログでも過日紹介してますが、最近、矢崎先生の著書を図書館でみつけて読んでいたので、タイムリーにも「月夜の詩人」の話題もご本人にできました。その少し前には、ロビーで、みすゞさんの愛娘・ふさえさん(83歳)のお元気な姿にも再会でき、ミーハーな少女のように私は、ふーちゃんとのツーショットを撮り、握手をしてもらいました。

この会では、会場に盛り籠で地元のコスモス畑から手折ってきた満開のコスモスを飾って会場を和200911070130000ましてくださいます。そのコスモスの花束が、ちゃんと帰りには、来場者への手土産に渡されるのです。なんて、心憎い演出効果で、エコなプレゼントでしょうか。講師には、矢崎先生と、宇宙研究の理学博士の佐治春夫氏。この会で、私が感激した講演の内容は、また別の日に、書き綴って行こうと思います。帰宅後、持ち帰ったコスモスの花束に、お水を含ませたら、息を吹き返したように、まだ、ほらこんなに綺麗に蕾が開き花を咲かせてくれています。

みすゞさん、ありがとう。あなたの心、大事に受け止めました。花咲かせますね。コスモスは、COSMOS=宇宙でもあり、和名では、秋桜とも書きます。秋に咲く桜です。

« 能登演劇堂で観たマクベスは圧巻! | トップページ | この 夜の脣(くちびる)って、詩。 キモチ Eィ~♪ »

好きな詩人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/32162183

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすゞに逢いに…再び、奈良へ。:

« 能登演劇堂で観たマクベスは圧巻! | トップページ | この 夜の脣(くちびる)って、詩。 キモチ Eィ~♪ »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック