フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 菩提寺、幼稚園で学んだ呪文。 | トップページ | 木漏れ星に抱かれて »

2009年12月23日 (水)

懐かしい賛美歌アルバム

明日は、クリスマスイヴです。私は、クリスチャンではないのですが、19歳の時に、求めたLPアルバムに賛美歌特集の1枚があります。それは、『森山良子 賛美歌アルバム第1集 ~うるわしの白百合~』というものですが、その中の1曲がとても気に入り、よく口ずさんでいました。200912231651002

その1曲とは、B面の最初に入っている♪「いつくしみ深き友なるイエスは」という賛美歌312番でした。この曲は、賛美歌というよりか、明治末年に♪「星の界(ほしのよ)」という唱歌の曲として普及したそうです。それが、この賛美歌が原曲だとか。だから、耳障りがいいというのか、心地よい、親しみやすく、私の耳に届いたのかもしれませんが…当時の私は曲よりも、この賛美歌の作詞に共感したものです。

作詞者は、ジョジフ・スクライヴ゙ン(1819~86)という、アイルランド生まれのカナダの教員です。この詩は、自分の婚約者が結婚直前に溺死した時、悲しむ母を慰めるために創った個人的な詩でしたから、賛美歌としては発表するつもりが全然なかったのに、ある友人の目にとまり、賛美歌として広く歌われ、多くの人々のこころを打ち、悲しみを慰めるものとなったというエピソードがあります。曲は、アメリカ人の弁護士で作曲もしたチャールズ・コンヴァース(1832~1918)の作品です。

このように、心に届く歌とは、詩心にラヴレターのような、その人だけに届けたいという切なる秘めた恋心に溢れています。私は、常に、自分のCopywriterという仕事でも、長月瞑としての作詞でもそうなのですが、万人に届くようには、考えません。たった一人の人の心に、届けたいという思いが募り、詩に言霊が生きてきます。一人に届くことほど、その人の心の扉をあけてもらい、私の詩が、その方の心に宿るのですから。では、私が感動したこの詩を綴って、明日へのイヴの扉を開けることにします。

                                                         

    ♪<いつくしみ深き友なるイエスは>

いつくしみ深き、友なるイエスは、

罪とが憂いを とり去りたもう。

こころの嘆きを 包まず述べて、

などかは下ろさぬ、負える重荷を。

                                                         

    いつくしみ深き、友なるイエスは、

    われらの弱きを 知りて憐れむ、

    悩みかなしみに 沈めるときも、

    祈りにこたえて 慰めたまわん。

                                                         

        いつくしみ深き、友なるイエスは、

        かわらぬ愛もて 導きたもう。

        世の友われらを 捨て去るときも、

        祈りにこたえて 労りたまわん。

                                                         

※原詩:ジョジフ・スクライヴン※訳詩:不詳※原曲:チャールズ・C・コンヴァース

                                                         

« 菩提寺、幼稚園で学んだ呪文。 | トップページ | 木漏れ星に抱かれて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この歌って、よく神前結婚式で歌いますね。そんな時しか歌わないけど子どもの頃に教会通っていたのでよく覚えています。なんとなく心が洗われるって感じですね。でもクリスチャンではありません。

tenmaさん、コメントありがとうございます。
子どもの頃に教会に…その時に瞬時に還れる。
想い出とともにいろんな情景が浮かぶのも、
誰もが感じる、歌の魅力かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/32710241

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい賛美歌アルバム:

« 菩提寺、幼稚園で学んだ呪文。 | トップページ | 木漏れ星に抱かれて »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック