フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月27日 (水)

阿修羅の如く。

昨今、イケメンの仏像が流行りだとか…。中でも、ひときわ異彩を放つのが、阿修羅の像だと言う。2009年に仏像ブームを巻き起こした【国宝・阿修羅展】は、東京と九州でのツアーを終えて、昨年暮れには、奈良の興福寺に戻っておいでた。それを待って、昨年末にようやく、憧れの君、阿修羅に逢いに201001271445000 行って来た。(画像は購入した絵葉書)201001271443000 

続きを読む "阿修羅の如く。" »

2010年1月16日 (土)

春を呼ぶ唄

私の詩心の芽生えが祖父であったとしたら、私が本格的に詩(現代詩)を学んだ意味での本当の恩師は、(故)喜志邦三先生です。先生との出逢いは、私が二十歳の頃でした。“灌木”(かんぼく)という同人詩の主宰者であり、大学教授でもありました。その先生が、お若い頃には、現代詩の他にも、歌謡曲などの作詞も手がけておられて、有名な歌がたくさんあるのですが、その中でも、特に国民に慕われ、広く歌われ、現代もなお、合唱コンクールなどで歌われて愛されている歌詞をご紹介します。この♪【春の唄】という、歌詞には、ほんとうにうきうきするほどの春の息吹を感じます。

続きを読む "春を呼ぶ唄" »

2010年1月 8日 (金)

新春風景、今は昔。

新年が明けて、もう七日。七草粥で身体を潤す、日となりました。嗚呼、もうすぐ、八日に日付が替わる時間ですが…私、喪中の身でしたので、晴れやかに新年のご挨拶が出来ず仕舞いで、申し訳ありません。ふと、そんな折、このブログの扉のページでもご紹介したことのある、我が、詩心の芽生えの発端である私の祖父が残してくれた句集を眺めてたら、新年にふさわしい、いい句をみつけました。

続きを読む "新春風景、今は昔。" »

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック