フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 敷居が高い訳とは… | トップページ | 我が母校の書道部に、感謝!! »

2010年5月 9日 (日)

本来の意味と、最近の誤用。

先月、このブログに書いた“敷居が高い”という言葉の本来の意味が、今夜のTV「平成教育委員会」をたまたま観ていて、ハッとしたのですが、本来の意味と、現代人の慣用が違うらしいのです。それで、これはマズイな…と感じて、ここにお詫びと訂正の意味を込めて、あえて今日のブログに綴ることにしました。

どうも、本来の意味は下記のサイトでもあるように、相手に不義理をして、その人の家に行きにくい。逢うのがめんぼくない状況のことを示します。もちろん、その意味も理解していましたが、手が届かない意味でも使っていいと私は思い込んでいました。しかし、現代人は、この本来の意味よりも、手が届かないという意味で、頻繁に使っていることから、誤用だと知りながら使うのと、そうでないのは、ほんまに、めんぼくないことですが…。私の場合は、ご贔屓のお店に対して、やはり、めんぼくない状況になったので、本来の意味での敷居が高い状況に、知らず知らずの内に陥ってしまいました。 しかし、言葉の語源や、本来の意味を知ると知らないで使うのは大違いです。お詫びします。そして、言葉は、社会が変わるように、変動していっている。それに乗るか、反るか。時と場合によりますが、頭でっかちに咎めることをあえてしない。これも、世渡りの秘訣かもしれませんね。

慣用句辞典 ・敷居が高い(しきいがたかい) 1.相手に不義理をしたり、また、面目(めんぼく)がないことがあったりして、その人の家に行き難くなる。また、その人に会い難い状態。 類:●門を塞ぐ 2.(最近使われ始めた用法)高級店や習い事などが、自分には分不相応で、入りづらい・関わりづらい。 類:●手が届かない 例:「あの店は一般庶民には敷居が高い」http://www.geocities.jp/tomomi965/index2.html

東京新聞 NIEことば
<知っている?知りたい?>敷居が高い

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/word/CK2010021302000149.html

« 敷居が高い訳とは… | トップページ | 我が母校の書道部に、感謝!! »

メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/34611306

この記事へのトラックバック一覧です: 本来の意味と、最近の誤用。:

« 敷居が高い訳とは… | トップページ | 我が母校の書道部に、感謝!! »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック