フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« ラムネの想い出に、逝く夏を惜しむ。 | トップページ | 開けてはいけない扉のような・・・ »

2010年9月10日 (金)

祝!一周年…長月の宵に、乾杯。

このブログを開設したのが、ちょうど、昨年の9月8日。あれから、ようやく一年と2日目です。昨年の今頃は、長月瞑として、作詞した金沢のアーティスト、TAIKOこと、茨木大光さんの楽曲2作品「生まれてきてよかった」&「おとこ川おんな川」を、single CDとして、カップリングでリリースして、記念のツアーに向けて、イベント先にご挨拶廻りに走っていたものです。なんだか、もう、ずっと昔の出来事のような気がしますが、やはり、九月という季節は、和名の月で呼びたくなる、長月。詩人としての私、長月瞑が一番心ときめく、感性が煌く、月を愛でる、長い長い夜の始まりです。

ことしは、残暑が、この九月まではびこり、なかなか、秋らしい気配の訪れが待ち焦がれる毎日です。先日の台風9号の余波で、昨日あたりから、鱗雲が浮かぶ、秋の空を感じました。

さ、そろそろ、長月瞑の出番。詩心に、拍車をかけて、少しづつ、自分との対話を始めていこうかなと想っています。もう、充分過ぎるくらいに、私は大人になりました。けれども、詩に対する感情は、きっと、17歳のまんま。ピュアであり、心の浮遊を限りなく彷徨う、乙女でいたいと感じます。

この秋から、1篇の詩を、夜な夜な、書き溜めるつもりです。それは、私が、ある年齢になったときに、自分の1冊の詩集を出版する、未来予想図を描いているから。そして、敬愛している、夭折の童謡詩人・金子みすゞさんの詩集の世界を、長月瞑が読むとしたら、どういう視点で捉え、また、音読で皆さまの前で届けるかを、模索しつつ、私なりの金子みすゞ像を構築したいと願っています。

その、お披露目の日が、いつか必ず、やってきますように…夜空のまるい お月さまに、祈ります。

« ラムネの想い出に、逝く夏を惜しむ。 | トップページ | 開けてはいけない扉のような・・・ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

一周年おめでとうございますhappy01
それにしても一年あっと言う間でしたね。
とかなんとか言ってるうちに秋を飛び越えて冬になりそうですね。もう少し秋を楽しませてもらいたいですね。

tenmaさん、2ヶ月遅れで(笑)の、ブログ1周年のお祝いのコメントThank Youです。・・・ところで、tenmaさんとTOTOさんは、同じ人なのかしら?ハンドルネーム使いわけているのは、何故かしら?ちょっと気になってま~すww。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/36646271

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!一周年…長月の宵に、乾杯。:

« ラムネの想い出に、逝く夏を惜しむ。 | トップページ | 開けてはいけない扉のような・・・ »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック