フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 秘密の抜け道 | トップページ | 言葉の力を、信じて。 »

2011年12月31日 (土)

紅白を観ながら、今年を振り返る。

大晦日の今宵、いま、まさに、紅白歌合戦を観ながら、このブログを綴っています。

今年の紅白の顔ぶれが、どうであれ、こうして、コタツに入って、テレビの画面を観て、つつがなく紅白を観れる。この日常の普通が、どれほど、有難いことなのか、今年こそ、それを実感した年は、ありません。母や父たちの世代では、戦争という哀しみのを越えて、強く生きて、この21世紀へ繋げてくれました。

ことし、2011(平成23)年、3月11日、午後2時46分。

あの東日本大震災が、もたらした地震・津波・原発・放射能。これらのことを、天災だけでは、ひとことで、片付けられない。大きな問題が、いまの日本の姿を浮き彫りにしています。

私たちは、これから、どう生きるべきか。“故郷”や“絆”というフレーズも、大きな意味を持ち始めています。個人主義で、平和ボケしていた日本人が、ひとつになれる!そんなことを、311は教えてくれたのではないでしょうか?まして、天災だけでなく、原発の問題は、人災であるという哀しみを抱えています。

そんな、哀しみの中で、人が、人として、強く生きる時、また、人が、人として、仲間と手を繋ぐ時、歌の力は、大きいと想います。そう考えながら、今年の紅白を聴いていると、深く、強く、歌詞の意味が、つきささっています。もちろん、歌は、メロディーも重要な役割ですが、今年ほど、メッセージ性の高い、歌詞の持つチカラ、心を打ちます。生きるチカラをもらえます。

幼い時に、ヒット曲を楽しみに、家族と観ていた紅白が、ことしは、違って観えてきました。見えないものが、観えてくる。「人間は、考える葦である」…多くの貴重な命を、犠牲にしてしまった哀しみの311でしたが、残された私たちが、如何に生きるか、来年も忘れずに、大地にしっかり、足を踏みしめ、手を手を繋ぎ、生きていきましょう!

唇に、歌を♪そう、あの詩のフレーズが浮かんできました。詩は、生きるチカラなんです。


「勇気を失うな。くちびるに歌を持て。心に太陽を持て。」

ツェーザル・フライシュレン (ドイツの詩人・作家)


くちびるに歌を持て。

ほがらかな調子で。

毎日の苦労に、よし心配が絶えなくとも!

くちびるに歌を持て。

そうすりゃ、何がこようと平気じゃないか!

どんなさびしい日だって、それが元気にしてくれる!

心に太陽を持て。

あらしが ふこうと、ふぶきが こようと、

天には黒くも、地には争いが絶えなかろうと、

いつも、心に太陽を持て。

唇に歌を持て、軽く、ほがらかに。

自分のつとめ、自分のくらしに、

よしや苦労が絶えなかろうと、

いつも、くちびるに歌を持て。

苦しんでいる人、なやんでいる人には、こう、はげましてやろう。

「勇気を失うな。くちびるに歌を持て。心に太陽を持て。」



ツェーザル・フライシュレン(ドイツの詩人・作家、1864~1920)
山本有三訳「心に太陽を持て」 より、抜粋。

« 秘密の抜け道 | トップページ | 言葉の力を、信じて。 »

メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/43577991

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白を観ながら、今年を振り返る。:

« 秘密の抜け道 | トップページ | 言葉の力を、信じて。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック