フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

言葉の力を、信じて。

Dsc_1368_250x188

新春の七日正月に、北品川で上演した娘のひとり芝居『売り言葉』は、ご存知、智恵子抄がモチーフに なっています。それで私は、コピーライターという生業の血が騒ぎ、高村光太郎や智恵子に関わる本や図録を何冊も読み漁りました。図書館で借りて、期限がき たら、また借り直して…。それほど、のめり込んだのも、智恵子という女性の生きざまを、自分の血肉として、キャッチフレーズや、ボディコピーに、語らせた かったからです。演者である娘が、俳優として、智恵子さんを演じるなら、私も、書き手としての言葉の表現者です。このキャッチひとつで、チラシの生死が決 まると言っても過言ではありません。


Dsc_1369_188x250_2

Dsc_1370_188x250

それで、A案とB案を作成し、娘に、決定権を託しました。初め、娘は、B案が好きだと言いました。デザイ ナーの城戸さんも、同じ意見でした。そこで、私は、個人的に好きなのと、チラシにして効果があるのは、違うわよ。城戸さんも、あなたも、私も、智恵子抄に 関して、普通の人よりも、いま、情報がいっぱい頭に入っているよね。そういう人には、B案 が、グッと決まると想うわ。けれどね、チラシを観て、この芝居を観に来たいと感じさせたり、目を引くのだとすると、母さんは、A案を押すわね。そうで しょ、B案は、智恵子抄を知らないと理解に苦しむ難しい言葉が並んでいるの。これは文学ファンには、堪らない言葉よ。だから、城戸さんも、あなた も、好きになったのだと想うの。けれど、一般の人は、ピンと来ないというか、複雑ですよね。芝居好きな人ならともかく、やはり、謎解きのように、キャッチ に、あれ?!なんだか、この言葉、インパクトあるな…どういう意味だったけ?と疑問に思わせたり、引っかかるキャチが、いいと想うわと、最終的には、誘導 尋問のように(笑)私の作戦に、娘を落としたのですが…。結果、完成したチラシを観た時、二人共、私の方向性に頷いてくれ、私自身も、これでヨカッタのだと、確信を得ました。

続きを読む "言葉の力を、信じて。" »

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック