フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

美智子皇后の翻訳された詩が、海外の子どもたちへ。

Dsc_2657_225x300

先日、図書館で一冊の本に目が留まりました。【 バーゼルより 子どもと本を結ぶむすぶ人たちへ 美智子 】という、タイトルの文藝春秋から発行されたこの本です。著者の名前は、美智子といえば、そう、美智子皇后さま。かねてより、美智子さまの文才や知性は、「ねむの木の子守歌」でも作詞をされたように、高いものがあることは承知しておりましたが、海外の子どもたちへ向けて、日本の詩を自ら翻訳されて無償で文化的活動に貢献されていたことは、この本で初めて知りました。

この本は、2002年(平成14年)、9月29日~10月3日まで、スイスのバーゼル市、コングレス・センターで開催された IBBY イビ (International Board on Books for Young People) ―国際児童図書評議会― 五十周年記念大会において、9月29日夜の開会式において、皇后さまがされたお祝いのご挨拶をまとめた内容でした。実際のご挨拶は、英語でされたそうです。流石です。皇后さま!それを日本語に直し紹介している本でした。

その本文のなかで、私が感銘を受けたお言葉と内容が沢山ありましたので、ここのそれを抜粋して、ご紹介したいと想います。全てのこどもを持つ母のためにも、そして、世界中の子どもたちの純粋な心に響く児童図書の存在に敬意を表して…。


★ IBBY 
イビ ってなに?: http://www.jbby.org/ibby/index.html

★公式サイト IBBY : http://www.ibby.org/




続きを読む "美智子皇后の翻訳された詩が、海外の子どもたちへ。" »

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック