フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月13日 (木)

この詩が、皇后さまが英訳された『THE ANIMALS』。

見つけました!ありました。これです。【THE ANIMALS】 大きなカリフラワーのような大木が白抜きでシンプルに描かれた表紙の絵本のような詩集。よ~くみると、木の枝や葉っぱの中に、動物たちが見え隠れしています。かくれんぼしているような、折り紙の切り絵のような表紙絵にワクワクしました。

Dsc_26771_147x200


皇后、美智子さまが英訳をされた、まど・みちおさんの詩集「どうぶつたち」です。先月末、この詩のブログにも綴ったhttp://poesie-may.cocolog-nifty.com/poem/2012/08/post-94f0.html ので、待ちかねていた方も多くいてくれたかしら?そうです。美智子さまが、自らの感性で選び、日本語の詩に、英訳をされた詩集です。これは、IBBYの活動を通して、世界のこどもたちに日本の詩を紹介する役目を果たされた大切な一冊でもあります。

続きを読む "この詩が、皇后さまが英訳された『THE ANIMALS』。" »

2012年9月 8日 (土)

グロキシニアの花に誘われて。

あなたは、この花の名前をご存知でしょうか?そして、この花に纏わる、歴史上の秘話、恋愛事情も…。

その名は、「グロキシニア」。花言葉は、“豊麗” http://www.birthdayflower366.com/07/10.html

Dsc_2392_200x150

私にとって、この花は、特別の存在になったのは、昨年の秋から。ちょうど、この詩のブログhttp://poesie-may.cocolog-nifty.com/poem/2012/02/post-5222.html にも綴っていますが、娘が、ひとり芝居で「売り言葉」をこの春に東京で上演したことから、その黒子で着付けや裏方を手伝ったことからです。その芝居は、野田秀樹脚本で、女優・大竹しのぶが、10年前に上演した戯曲でした。内容は、智恵子抄がもとになり、詩人であり、彫刻家・高村光太郎とその妻、智恵子の生涯を描いた男女の心模様の変化と時代への雄叫びのような激しい結末で、智恵子の命が絶えるまでを描いていました。

続きを読む "グロキシニアの花に誘われて。" »

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック