フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月26日 (月)

心に宿る、名台詞の詩 「五月の歌」。

今月10日に、女優、森光子さんが天に召された。その少し前は、俳優・大滝秀治さんも、逝った。次々と、名優が亡くなるニュースを知ると同時に、その方たちの生きていた舞台やテレビや映画の追悼番組を目にする機会が増える。いかにも、その生きざまに、改めて感銘を受けるおふたりだった。

特に今回は、森光子さんのことに注目して、この詩のブログに綴ろうと想う。テレビは、ホームムドラマの黄金期、「時間ですよ!」の銭湯の女将さん役がひときわ異彩をはなっていた。舞台では、2000回以上も半世紀上演した「放浪記」を抜きには語れないほど、最後の方は、死にもの狂いで、病や老いに萎えた身体に鞭打つかのように舞台に挑んだ様子が痛々しい。

爆発的な人気をはくしたあの銭湯の女将さん役ではなく、ここでは、遠い昔、白黒時代のテレビで、私が幼い頃、家族で楽しみにみていた森光子さんのテレビドラマ“こんちは!パンツ屋です!”と、母子家庭でパンツの行商をする「天国の父ちゃんこんにちは!」の番組から、亡くなった夫がプロポーズで森光子演じる妻に詠んだ詩。今も記憶している名台詞の詩<五月の歌>を言霊の序曲としてご紹介したい。


続きを読む "心に宿る、名台詞の詩 「五月の歌」。" »

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック