フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

« 詩心は、恋心に似て。 | トップページ

2014年2月 5日 (水)

八雲琴に魅せられて・・・。

P1000818_300x225

お琴の音色は、心に響く。しかも、普通の琴ではなく、八雲琴(やくもこと)という二弦の古代ゆかしい神前和楽器だ。それが、聴きたくて、茶道の師匠の案内で明日香の里を訪ねたのは、もうかれこれ、八年前のことだった。




そのお宅は、奈良の石舞台が見下ろせる小高い丘の上にあり、ご主人は陶芸家で、夫人が、この八雲琴を演奏する文化を受け継ぐことになった脇田初枝さんだった。

  

 

 

脇田さんが継承されている八雲琴のことは、このサイトに詳しく掲載されていたので、ご興味ある方は、ご参照までに。http://www.epochtimes.jp/jp/2013/03/html/d52227.html

 

※ 【八雲琴】

二弦琴の一種。長さ約1メートル、幅約12センチの木製の胴の上に、2本の弦を張った琴。左手中指にはめた管で弦の勘所を押さえ、右手食指にはめた爪で弾く。文政3年(1820)に伊予の中山琴主が創始したものという。出雲琴。

 

私 は、その音色と共に、八雲琴の姿形の美しさにも見惚れながらも、初枝さんの奏でる琴の音色と、和歌というべき、古文を紐解いた石斛尾伝承の歌詞に魅了され た。身体中がぞくぞくしたという感じがふさわしい。それも、すっかり忘れていたというのに、ふと、夜中に、調べ物をしていて、この歌詞を写し取った日の原 稿が現れた。

 

(つきはな) 長寿(のぶるいのち)  月の眺め  

という歌の調べにのった大和言葉があまりにも美しかったので、お願いしてその歌詞をその場で写し書きさせて頂いた。それが、これから、ご紹介する歌詞です。

 

 

 

 

 

P1000809_400x225

(つきはな) 長寿(のぶるいのち)  月の眺め 

くもの かかるは つきの ため

かぜの ちらすは はなの ため

かぜと くもとの ありてこそ

つきと はなと のと とけれ

 

ひとは とがむと とがめじな

ひとは いかれど いからじな

いかりと よくとを すててこそ

つねに こころは やすらけき

 

ふるき みやこに はるばると

あきの なかばに かえりきて

よもの やまべを ながむれば

きぎの こずゑも にしきせり

 

むかしに つきは かわらねど

なくむしの ねぞ あわれなる

« 詩心は、恋心に似て。 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ひきやすく見えますが

きっと難しいのでしょう。
初めて拝見しました♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1266915/54867912

この記事へのトラックバック一覧です: 八雲琴に魅せられて・・・。:

« 詩心は、恋心に似て。 | トップページ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック