フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

音楽

2012年6月22日 (金)

私が作詞し、初めてCDリリースされた歌♪

Dsc_2206_300x225_2

『生まれてきてよかった』……これは、私が、作詞した歌のタイトルです。しかも、2009年8月にリリースされCDとして世に出ました。この歌ができるまでのエピソードは、カップリングで『おとこ川おんな川』という歌も作詞し、1枚のCDになっているので、以前このブログでもご紹介した通りです。※詳細はこちらを読んでくださいね。→http://poesie-may.cocolog-nifty.com/poem/2010/12/post-e5e7.html

この『生まれてきてよかった』が誕生するのには、ある一人の男性アーチストとの出逢いから始まります。

その方は、金沢で、今もご活躍の歌手・茨木大光さん。昔、歌謡曲がTV番組で人気だったときに、五木ひろしや八代亜紀などが挑んだ「全日本歌謡選手権」という番組で、大光さんも、当時、10週連続で勝ち抜き、第45代チャンピオンになり1位を獲得した経歴の持ち主でもあり、かつては、プロデビューも果たした御仁でした。

今から6年前に、金沢を訪ねた私が、友人の紹介で、大光さんが経営するLIVEハウスに行くことになりました。その時は、普通のお客とオーナー店主という初対面でした。が、話しが弾み、紹介してくださった友人のお陰もあり、知らない間に私も、昔馴染みの親しい仲に仲間入りさせてもらえ、大光さんの還暦祝いのパーティーに数年後、お呼ばれを受けるまでになりました。ほんとうに、不思議なご縁ですが、コピーライターという仕事柄、各地へ取材に行く私は、時々、出逢う方と仕事だけでなくプライベートでもおつきあいが始まる事は多々あり、これもそんな雰囲気の自然の流れにも想えました。

続きを読む "私が作詞し、初めてCDリリースされた歌♪" »

2011年9月25日 (日)

奇妙な果実♪とは・・・。

41q6t6jf5ml_sl500_aa300_

NHKハイビジョン特集で、2008年に放映された「ビリー・ホリデイ “ろくでなし”の恋」~世界のディーバ/男と女の物語~を友人がDVDで録画してくれていたのを、3年前に観た。その時受けた強烈な印象のタイトルの歌が、今も脳裏を離れない。あなたは聴いたことがあるだろうか?JAZZ界では有名な『奇妙な果実』というビリー・ホリデイの歌である。

この歌は、タイトルのもつ意味深な含みが、そのまま、歌詞に現れていた。私たち日本人には到底、想像もできない社会的問題が礎にある。やはり、黒人の人種差別問題だ。果実といえば、キレイだが、この果実は、死体だ。それも、木に吊るされた黒人の死体。その光景を腐った果実として捉えた所に、鳥肌がたった。こんな歌詞を、日本では、歌にするだろうか?それが、ヒットすることも凄いが、メッセージ性を持つ歌の威力は、時を越え、今も生きていく。

ここに、YouTubeで、この歌がUPされていたので紹介しておく。
http://www.youtube.com/watch?v=sQsizyAS25o&feature=related
彼女が淡々と黙々と語るように歌い上げる詩のフレーズに耳を傾けてもらいたい。

そうして、この歌が生まれてきたプロセスや、彼女のルーツを辿るとなおさら、その意味が大きく広がっていくことだろう。どう感じるかは、この歌を聴いたあなたにお任せする。ただ、これも、人災だと私は考える。人が人を差別するがゆえの、虚しい現実であることに間違いはない。

※歌詞は下記に表記しておく。:YouTube動画で流れるテロップの邦訳歌詞と微妙に違うので比較してみるのも一考だ。

嗚呼、そうだ。なぜか、この番組が心に突き刺さるように、残っていたか、いま、わかった。この時のナレーションは、つい最近、亡くなった俳優・原田芳雄さんだった。彼の太い渋い声が私の胸の奥を揺さぶって、時々揺り起こさすんだ。そうだ、きっと。揺り籠から墓場まで。

続きを読む "奇妙な果実♪とは・・・。" »

2011年3月31日 (木)

ほら、ともだちだ。

311の東日本震災から、20日が経ちました。このブログには、どうしても、書く気分になれず、今日まで来たのですが、今日で、三月も終わり。この20日間で、得たことは、数知れませんが、この詩のブログにふさわしい内容となると、これだ!というものが、最近、私の胸に強く刻まれてきたので、綴っておこうと想います。

この震災で、アメリカ合衆国から、「ともだち作戦」(Operation   Tomodachi)と称する、とてもいいネーミングの支援を得ることになり、有り難さがこの名称に全てこめられているように感じたのですが、時を同じくして、永六輔さんが作詞された、坂本九ちゃんの歌で、『ともだち』というヒット曲があることを想い出しました。私がファンでもある、歌手のクミコさんが、この歌を、今だからこそ、歌いたいと、頑張っている姿にも、心打たれています。http://ustre.am/:UXve 


なぜなら、彼女は、311の当日、あの石巻市でコンサートのリハーサル中に、地震に遭遇し、危機一髪で、津波から逃れ、裏山へ非難し、無事に、生還したという、命からがらの目に遇い、それでも今こうして、生きて帰ってこれたのは…奇跡なのです。きっと、彼女には、歌う 使 命 があるからではないでしょうか?



続きを読む "ほら、ともだちだ。" »

2009年12月23日 (水)

懐かしい賛美歌アルバム

明日は、クリスマスイヴです。私は、クリスチャンではないのですが、19歳の時に、求めたLPアルバムに賛美歌特集の1枚があります。それは、『森山良子 賛美歌アルバム第1集 ~うるわしの白百合~』というものですが、その中の1曲がとても気に入り、よく口ずさんでいました。200912231651002

続きを読む "懐かしい賛美歌アルバム" »

2009年9月20日 (日)

人は一人では、輝けない。

作詞をしたご縁で、12と13の二日間、私は地元でタイコーさんのLIVEツアーを企画演出同行させて頂きました。タイムスケジュールはこのサイトのLIVE欄からご覧くださいね。http://homepage3.nifty.com/gstage/taiko.home.index.html

続きを読む "人は一人では、輝けない。" »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック