フォト

Friendly

  • TAIKO
    私の作詞に曲をつけてくれた金沢で活躍するアーチスト茨木大光さんのHPです。
  • ミカエル
    世界のかえる博物館長が見聞きした楽しいブログ。
無料ブログはココログ

エッセイ

2013年10月18日 (金)

詩心は、恋心に似て。

長月の9月は、長月瞑として私の本来の詩心が、燃える(萌える)時期なのですが、ことしは、大きなイベント【アロマdeライフスタイルart展】http://mycreateur.exblog.jp/20837299/ を控えていたので、そちらの方に、神経を集中してしまい、詩心を封印してました。というのは、言い訳ですが(笑)、自分の中での心の変化を受け止めるにはキャパが大き過ぎる出来事をずっと抱えたまま現在に至っているというのが正直な気持ちでしょうか。それで、この夏から8月9月は何もこの詩のブログにも綴れず終いで完。

それでも、日常の雑多な中に、詩心の源になる素材は、いつも見え隠れしてまして、ときどき、そちらにアンテナが傾きかけて困りました(笑)が、なんとか、アロマを始めて10年目の秋に、自分なりの集大成の作品展が開けたので、ほっとしています。(現在10月半ばに筆記)

続きを読む "詩心は、恋心に似て。" »

2013年5月 2日 (木)

詩の世界への憧れ。

私に、詩心が芽生えた経緯は、このブログの扉でも綴っていますが、人生観のひとつの形として、究極、自分が成し遂げたいことは、一冊の詩集を出すことです。

この想いは、若い頃からありました。20代で出していたら、きっと私は結婚をしてなかったと想います。詩人としてのデビューが果たせたなら、それは、普通の暮らしを遠ざける日常でなければ成立しない気がしてました。

20代にコピーライターという職業に就いた時点でも、同じ想いを抱いてました。こういうヤクザな稼業を続けることは、普通のシアワセを望んではイケナイ気がしていたのも事実です。

続きを読む "詩の世界への憧れ。" »

2013年3月31日 (日)

本選びが、文との扉でした。

仕事柄か、よく、「根っから、文章を書くのが、好きなのでしょうね…」と、言われたりします。そうですね~と、答えつつも、少し違うような(笑)でも、こういうことを訊いてくる人には、話しても無駄な気もして、あっさり頷くことも多々あるのですが、それだけじゃないんだけどなという想いは、いつも含んでいます。

また、ある人には、「文章の書きだしは、どういう風にして書きだすのですか?」と、いうちょっとムツカシイ質問を受けることもありました。天から言葉が降ってくるのを待つ!と言えば、台詞めいてカッコいい?!かもしれませんが、どうもそんな大層なことでもなく、ただなんとなくつらつらと書いてしまうことが多いです。

昔は、原稿用紙に鉛筆(なぜかトンボの2B)でしたが、いまは、こうして、ブログを綴るのも、PCのキーボードを打つので、違う脳の働きをしているのかもしれません。今日は、こんな風に、しょうもないことを文章にしながら、自分というものを見つめてみたいと想います。

続きを読む "本選びが、文との扉でした。" »

2012年9月 8日 (土)

グロキシニアの花に誘われて。

あなたは、この花の名前をご存知でしょうか?そして、この花に纏わる、歴史上の秘話、恋愛事情も…。

その名は、「グロキシニア」。花言葉は、“豊麗” http://www.birthdayflower366.com/07/10.html

Dsc_2392_200x150

私にとって、この花は、特別の存在になったのは、昨年の秋から。ちょうど、この詩のブログhttp://poesie-may.cocolog-nifty.com/poem/2012/02/post-5222.html にも綴っていますが、娘が、ひとり芝居で「売り言葉」をこの春に東京で上演したことから、その黒子で着付けや裏方を手伝ったことからです。その芝居は、野田秀樹脚本で、女優・大竹しのぶが、10年前に上演した戯曲でした。内容は、智恵子抄がもとになり、詩人であり、彫刻家・高村光太郎とその妻、智恵子の生涯を描いた男女の心模様の変化と時代への雄叫びのような激しい結末で、智恵子の命が絶えるまでを描いていました。

続きを読む "グロキシニアの花に誘われて。" »

2012年7月25日 (水)

魂の、打ち上げ花火、高らかに!詩に、紡ぐ。

P1090719_300x225_3

私が、詩のブログを開設したのは、先月ここでも綴っているように、http://poesie-may.cocolog-nifty.com/poem/2012/06/cd-e98f.html あるアーチストに作詞をし、それがCD化され、世にでたことが始まりでしたが、この詩のブログ【~Bell Boite~詩の宝石箱。】のほかにも、ふたつ同時期、開設しています。【言の葉の色香】http://myclematis.exblog.jp/ という、その時々の心情を伝えるお手紙のようなブログを軸に、アロマコーディネーターとしての資格を活かして暮らしに香りを届ける【Aroma de time together】http://mycreateur.exblog.jp/ という、アロマのブログです。

これらの3つのブログで、私の全てがわかるというのでもないのですが、できれば、もう一つ、日本人としての和の暮らしを大切にした“着物文化”も書いてみたく想っています。なぜ、一つにまとめて、毎日更新しないのかと不思議がられるかもしれませんが、テーマを分けることにより、自分の中にある心のスイッチを切り替えて、統一したスタイルをそれぞれで残したいなというのが発端ですかね。

そんなことを想い巡らし、ふと、最近になり、これまで自分が生きて来た道程や、これから生きて行く未来像を、詩の世界で描いてみようという構想が浮かびました。

続きを読む "魂の、打ち上げ花火、高らかに!詩に、紡ぐ。" »

2011年5月25日 (水)

魔法使いのおばあさんに憧れて。

年をとったら、ほんとうに、私は、そうなるような、気がしています。魔法使いのおばあさんに…。こんなことを言ったら、きっと、誰もが笑うでしょうが、意外と私の子どもたちは、そうだね、母さんなら、なれそう。いえ、なれるわ。きっとね。だって、母さんは、アロマで香水を創れるし、枇杷の実や、ブルーベリーでジャムを作るし、蜜蝋でクリームも!!それに、なんといっても、サプライズなことが大好きで、ちょっと危険な香りに惹かれてるものね。

続きを読む "魔法使いのおばあさんに憧れて。" »

2011年1月13日 (木)

雪兎をつくってくれた、父。

私は、気候が温暖な四国の伊予の國(愛媛)で、少女時代を育ったので、冬が来ても、雪が降ることは珍しいことでした。それも、積もる程の大雪は、めったになかったと記憶しています。が、雪が積もると、必ず、父がつくってくれたモノがありました。それが、“雪兎”です。

続きを読む "雪兎をつくってくれた、父。" »

2010年10月28日 (木)

開けてはいけない扉のような・・・

詩をつくる時、さぁ、詩を書きましょうと想って、デスクに向かっても書けるものではないのですが、時々、ふっと、詩のフレーズが浮かんで来ては消える。消えては、また浮かぶ。そんな瞬間が、幼い時から私にはあります。それが、知らず知らずに脳にインプットされて、書きたい気分が湧いてくるのですが、寝る前にそういう瞬間に出遭うと、目覚めてから、忘れている事が多いので、最近は、ケータイにメモることにしています。昔は、メモ紙に伝言のように書置きしていたのが、時代ですね。メールの本文のように打って、宛名なしで保存で完了!

詩心は、このようにあやふやな瞬間に多く発生するので、自分でも抑制が効かない事が多くあります。もちろん、気に入ったフレーズは、気になるフレーズのことでもあり、禁断の果実を食べるようなことにも似ています。下世話な言い方をすれば、“
エロスの扉”を開けるような感じ…にも、似ています。文学や芸術…Artと呼べる全てのものには、エロチックな表現が、人間の真理をついていて、そそられるのではないでしょうか?

続きを読む "開けてはいけない扉のような・・・" »

2010年9月10日 (金)

祝!一周年…長月の宵に、乾杯。

このブログを開設したのが、ちょうど、昨年の9月8日。あれから、ようやく一年と2日目です。昨年の今頃は、長月瞑として、作詞した金沢のアーティスト、TAIKOこと、茨木大光さんの楽曲2作品「生まれてきてよかった」&「おとこ川おんな川」を、single CDとして、カップリングでリリースして、記念のツアーに向けて、イベント先にご挨拶廻りに走っていたものです。なんだか、もう、ずっと昔の出来事のような気がしますが、やはり、九月という季節は、和名の月で呼びたくなる、長月。詩人としての私、長月瞑が一番心ときめく、感性が煌く、月を愛でる、長い長い夜の始まりです。

続きを読む "祝!一周年…長月の宵に、乾杯。" »

2010年6月20日 (日)

人は皆…おくりびと。おくられびと。

このブログを開いて綴ることがなかなか出来ない程、この1ヶ月は、公私ともに多忙過ぎて。まさに忙しいという字の如く、心を亡くしてました。亡くすといえば、二人の親友のお父さまやお母さまが旅立たれたこともこの間にあり、なんとも言えない哀しみを一緒に感じる期間でした。

続きを読む "人は皆…おくりびと。おくられびと。" »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック